クレカ お得

秋分の日の意味は?お彼岸とは?子供向けに由来の説明!

Sponsored Links

 

 

【秋分の日の意味やお彼岸とは?】
 
 
2013年9月23日。
 
 
今年も秋分の日がやってきますね。
 
 
 
 
ところで秋分の日って一体どんな日なのでしょうか?
 
 
子どもに聞かれた時、
涼しい顔をして答えられるように、
意味や由来を今一度確認していきましょう☆
 
 

 

【秋分の日とお彼岸の関係とは?】

 
秋分の日が近付いてくると、
よく耳にする言葉が【彼岸】ですよね?
 
 
彼岸と言うのは、
秋分の日を含めた前後3日間の事を言います。
 
 
つまり、今年2013年の彼岸と言えば
9月23日が秋分の日なので
その日を含めた前後の3日。
 
 
9月20日〜9月26日の7日間が
お彼岸と言う事になりますね。
 
 
秋分の日は大体が毎年9月23日頃となっていますが、
これは確実ではなく、22日の時もあるようです。
 

 

 
『今年はいつがお彼岸かな?』
 
 
そんな時はその年のカレンダーを見て
秋分の日を確認すればバッチリですね☆
 
 
 

【お彼岸って何するの?】

 
因に、彼岸の始まりの日を【彼岸の入り】。
 
 
彼岸の終わりの日を【彼岸の明け】。
 
 
そう言いますが、そもそも
お彼岸って何をするのでしょうか?
 
 
そう!
 
 
ご先祖様に感謝するんですよね。
 
 
そして敬い、供養する。
 
 
おはぎをお供え物にしたりします。
 
 
では何故、秋分の日を含めた前後3日間を
彼岸としているのでしょうか?
 
 
それにはこんな理由があったんですね。
 
 
 

【秋分の日(彼岸)の由来は?】

 
『彼岸の時期が最も極楽に通じやすいと言われている。』
 
 
これが彼岸の時期にご先祖様を供養する
理由であり、由来になります。
 
 
仏教ではご先祖様がいる極楽は
西にあると考えられているんですね。
 
 
そしてこの彼岸の時期は、
ちょうど太陽が真東から昇って
真西に沈む時期となっております。
 
 
つまり!
 
 
太陽が真西に沈む彼岸の時期は
ご先祖様のいる極楽に一番通じやすいから
その時にご先祖様を供養しよう。
 
 
と言う訳なんですね☆
 
 
 

【食べ物におはぎやぼたもちをお供えする理由は?】

 
お彼岸の時期、お墓参りをする時に
お供えする物と言えば大体が
お萩や牡丹餅だと思います。
 
 
・・・が、一体何故お萩や牡丹餅なのでしょうか?
 
 
理由はそれらに使われている小豆です。
 
 
この小豆の色って言うのが、
災難を除いたり邪気を払ったりする
言われているからなのですね。
 
 
 

【子ども向けの説明は?】

 
 
『それは良いから子ども向けの説明はよ』
 
 
これを読んでいるあなたから
そんな心の声が聞こえます(笑)
 
 
そうですね〜、なんて説明しましょうかww
 
 
恐らく『秋分の日ってなぁに?』と
ストレートに聞いてくるでしょうから、
このように答えましょう☆
 
 
子ども
『秋分の日ってなぁに?』
 
あなた
『◯◯(←お子様の名前)をいつも見守ってくれている
 ご先祖様に「ありがとう」って感謝を伝える日だよ。』
 
 
うん!ナンダカンダ言って
結構良い感じの説明ができたのでは
ないでしょうか!?(←自画自賛ww)
 
 
その他の事を聞かれた時は
あなたのアドリブに任せます(笑)
 
 
あっ、そうそう!補足ですが☆
 
 
更に深く知識を得たい方はコチラをどうぞ☆
※きっと参考になると思います♪
 
 
それでは以上!
秋分の日の意味は?お彼岸とは?
子供向けに由来の説明!でした♪

今おすすめのアプリはズバリ「ソードアートオンライン」最新作ゲームのこれ!

iOS用↓

 

Andoroid用↓

 

 

Sponsored Links

 

 

Sponsored Links

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ